農業を始めたいときはどうすれば良いの?新規就農の方法を紹介!

新規就農の方法

キリン
キリン

農業を始めたいんだけど
どうすれば良いのか分からない・・。

リコ
リコ

農業を始める方法は
大きく分けて3つあるよ!

農業を始める方法

  1. 自営農家として始める
  2. 親の農業を継ぐ
  3. 農業法人に就職する


私が農業を始めるとき、農業法人に就職するという道を選びました。
この記事では農業の始め方のほかに、私が農業法人に就職した体験談も紹介します。

未経験者の私が農業を始めた記事は【実体験】未経験でも農業できる?どんな仕事するの?に書かれているので、ぜひご覧ください。

自営農家として始める

青空と大きな木

農業の始め方の1つ目は、自営農家として自分で農業を始める方法です。

メリット
  • 栽培する土地や作物、販売方法などすべてを自分で決めることができる
  • 自分の好きなように働くことができる
  • 自分のやり方次第で収入が上がる可能性もある
  • 人間関係のストレスが少ない
デメリット
  • 栽培する土地や作物、販売方法などすべてを自分で決めることができる
  • 自分の好きなように働くことができる
  • 自分のやり方次第で収入が上がる可能性もある
  • 人間関係のストレスが少ない


土地探しから始めることが多いので、自営農家として始めるのはかなりの準備期間が必要になりますし、農業未経験者はどこで栽培技術を学ぶかも問題になってきます。

国や地域で新規就農の支援や補助金などもあるので、それらを活用することをおすすめします。

自分のやりたい農業が決まっている人には、自営農家が向いていると言えます。


農林水産省に国の補助金制度について、全国新規就農相談センターでは農業を始める人向けに役立つ情報が載っています。

親の農業を継ぐ

農業の始め方の2つ目は、親(親戚)の農業を継ぐ方法です。

メリット
  • 土地や住まいが既にある
  • 農業資材や機械などもそろっている
  • 確立された栽培方法や技術を受け継ぐことができる
  • 販売経路を探さなくても良い

デメリット
  • 土地が決まっているので、栽培したい作物があっても育てるのが難しいことがある
  • 自営農家なので収入が不安定

親の農業を継ぐ場合、農業をする環境が整っているのでメリットが多いです。

これに近いケースで、農家に嫁ぐという方法もあります。
難易度は高いですが、農家に嫁いだらすぐに農業を始めることができます。

農業法人に就職する

農業の始め方の3つ目は、農業法人に就職する方法です。

メリット
  • 土地や農業資材、機械などすべてそろっている
  • 未経験者でも農業が始めやすい
  • 栽培方法や技術を学ぶことができる
  • 会社に雇用されているの、安定して給料がもらえる
デメリット
  • 従業員なので自分のしたい農業ができないことが多い
  • 職場によっては人間関係のストレスがある場合も

未経験者が農業を始める場合、一番おすすめするのは農業法人への就職です。
毎月給料がもらえながら、農業を学ぶことができます。

農業に興味があり働いてみたい人、将来独立するために技術を学びたい人でも、農業法人に就職できればすぐに農業を始めることができます。

しかし、従業員という立場なので自分のしたいことができなかったり、複数人いる職場だと人間関係に悩むこともあるかもしれません。

私の体験談

小麦色

未経験者の私は大学を卒業後、農業法人に就職しました。

農業法人を選んだ理由は

  • 未経験者でも働きやすい
  • 会社での雇用なので、安定した給料がもらえる
  • 福利厚生が整っていて、休日もしっかり取れる


未経験者でいきなり自営農家になる覚悟は、私にはありませんでした。

農業に興味があり仕事にしてみたいと思いましたが、やはり働くには給料や福利厚生が整っていることも重要なので、そこも検討したうえで農業法人を選びました。

私が農業法人に就職した流れです。

  1. 農業インターンシップへ行く
  2. 就職したい農業法人を見つける
  3. 会社に就職したいことを申し出る
  4. 面接
  5. 採用


まずは「公益社団法人 日本農業法人協会」が行っている農業インターンシップを行いました。

公益社団法人 日本農業法人協会/農業インターンシップ
https://hojin.or.jp/standard/standard_category/internship/


そこで農業の仕事内容を体験させてもらい、職場の雰囲気を確認して、就職先を検討しました。

働く前に農業インターンシップで体験しておくと、就職してからのミスマッチを防ぐことができます。

農業法人に就職する場合、農業インターンシップを利用することをおすすめします。

まとめ

農業の始め方は3つあります。

  1. 自営農家として始める
  2. 親の農業を継ぐ
  3. 農業法人に就職する


それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分がどんな農業をしたいかで選ぶことをおすすめします。

キリン
キリン

どんな農業がしたいのか
もう一度よく考えてみるよ!

リコ
リコ

自分に合った働き方で
農業をしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA