【ブリタの浄水ポット】ファンのレビューと口コミ|一人暮らしにおすすめ

【ブリタの浄水ポットのレビュー】一人暮らしに最適な浄水ポットはこれ!


今までスーパーで購入したペットボトルの水を飲んでいましたが、水を買うのが面倒になり、ついに浄水ポットを導入しました。


購入したのは「BRITA(ブリタ)の浄水ポットファン」です。


浄水ポットを使い始めたら、良いこと尽くしでした!

  • 水を購入する手間がない
  • 重い水を運ばなくていい
  • 水を置くスペースが不要
  • ペットボトルのゴミが溜まらない
  • ペットボトルよりも安くてコスパが良い
りこ
りこ

浄水ポットのおかげで

ストレスフリーです!




水の在庫や値段を気にせず美味しい水がゴクゴク飲める!

早く買えば良かった」と後悔しているほど気に入っている「ブリタの浄水ポット」の魅力を伝えていきます。



夫と娘の3人家族ですが、家族の中で水を飲むのは私だけなので、1人暮らしの目線でこの商品を選びました。


1人暮らしで浄水ポットを購入しようか悩んでる方は参考にしてみてくださいね。

この記事の内容
  • ブリタの浄水ポット「ファン」のレビュー
  • ブリタの浄水ポットのコスパ
  • ブリタの浄水ポットのメリット、デメリット
  • ブリタの浄水ポットの口コミ
  • 1人暮らしにおすすめの浄水ポット

【ブリタの浄水ポットのレビュー】使い方はとても簡単


浄水ポットを購入する前はネットよりも近所のスーパーの方が安いので、重いけどわざわざ購入していました。

しかし在庫管理やこまめに買うのが面倒になったため、浄水ポットの購入に至りました。

蛇口につけるタイプの浄水器やウォーターサーバーも比較しましたが、1人分なら浄水ポットが1番コスパが良いですよ!

ブリタの浄水ポットの性能

私が購入したのはブリタの浄水ポット「ファン」。

ブリタは浄水ポットで検索すると、どのサイトでも必ず紹介されている有名メーカーです。


Amazonの浄水ポットカテゴリーの「売れ筋ランキング」ではブリタの商品が上位にランクインしていて、1位が「ファン」、2位が「リクエリ」でした!(2022年3月時点)

出典:Amazon



ブリタの浄水ポットにはろ過できる容量やサイズの違いで5つの種類があります。

商品名ろ過水容量特徴
スタイル1.26Lカートリッジ交換がLED表示
片手で蓋を開けて注水できる
マレーナ1.15L片手で蓋を開けて注水できる
アルーナXL1.75L容量が1番大きい
リクエリ1.15L冷蔵庫のドアポケットに入るサイズ
ファン1L1番コンパクトサイズ
唯一の取っ手なし




浄水ポットを選ぶ際に、私が重視したのは以下の2点。

  • 1人分なのでろ過できる容量は少なくて良い
  • 冷蔵庫に入るコンパクトなサイズ

ブリタの浄水ポットの中でサイズが小さい「リクエリ」と「ファン」で迷いましたが、実際に冷蔵庫のドアポケットを測ってみたら我が家の冷蔵庫に「リクエリ」は入らなかったので、「ファン」を選びました。

りこ
りこ

実際に測って

確認するの大事です。



「ファン」はブリタの商品の中ではカラフルなデザインで、ブルーとライムの2色展開です。私はブルーを選びました。

カートリッジをセットして準備する


届いた商品は、浄水ポット本体とカートリッジ1個がセットになっています。

使う前にはカートリッジの準備が必要になります。

ふたやポット本体を洗う

使用前に付属品をすべて洗います。

カートリッジを取り出して洗う

カートリッジを袋から取り出して水に浸し、左右に振って気泡を取り除きます。

2回ろ過する

カートリッジを本体にセットして、ポットに水を入れて2回ろ過します。

3回目から水を飲むことができます。

りこ
りこ

カートリッジを新しくするたびに

この作業が必要になります。



やる前は「面倒くさいな」と思いましたが、やってみると意外と簡単でした。5分程度で終わります。

水を入れて使うだけ!そそぐのも簡単

カートリッジの準備が済んだら、水をそそいですぐに飲むことができます。

「ファン」にはコップ1杯分と2杯分の目安が付いているので、「1杯分だけほしい」というときに無駄なく必要な分だけろ過することができますよ。

  • コップ1杯 約250ml
  • コップ2杯 約500ml


浄水が終わったあと、コップに水をそそぐときは黒いふたをグッと押すだけで片手で簡単に開けることができます。



浄水ポットを選ぶとき取っ手が付いているものにしようかと迷っていましたが、「ファン」はポット本体に少しくぼみがあるので、写真のように指を引っかけてそそぐことができます。

りこ
りこ

取っ手が付いていなくても

片手でそそげます。



「ファン」はろ過水量が1Lなので重くなく、女性でも片手でふたを開けて水をそそぐことができるので、かなりスムーズです。

冷蔵庫のドアポケットに入るサイズ

ブリタの浄水ポットの中で「ファン」は1番コンパクトなので、我が家の冷蔵庫の場合、ドアポケットだけでなく野菜室にも入りました。


万が一冷蔵庫を買い替えたときでも「ファン」ならコンパクトなサイズなので、どの冷蔵庫にも入るサイズ感だと思います。

浄水にかかる時間は短い

浄水にかかる時間は、想像以上に短くて驚きました。

  • 250ml 約1分
  • 500ml 約1分30秒
  • 1L   約3分30秒


1L浄水する場合でも3分30秒とスピーディーなので、料理に水を使いたいときでも食材の準備などをしていたら、いつの間にか浄水が終わっています。

りこ
りこ

飲料水だけでなく

料理にも使いたい人も

ろ過スピードが速いので便利です。

カートリッジの交換目安は?

ブリタの浄水ポットには、交換目安となる液晶メモが付いています。


カートリッジの交換目安は1日5.3Lの使用したら4週間ごとに交換(総ろ過水量150L)なので、液晶メモでは4週間後を知らせてくれます。



しかし私の場合は主に飲料水として使用しているので、1日に2L程度しか使用しません。

  • 使用量が少ない場合でも、4週間ごとにカートリッジを交換しなければいけない?
  • カートリッジの総ろ過水量は150Lだから、150L以内だったら4週間以上でも使える?


こんな疑問が出てきましたが、ブリタの公式サイトで以下のように解答されていました。

4週間で150Lも使用しなければ、8週間後の交換でも良い?
8週間後の交換でも衛生面で問題なくお使いいただけます。
りこ
りこ

結論!

150L以内なら

4週間以上でも使えました!



私の使用量では8週間ごとの交換になりそうなので、カートリッジが長く使えて良かったです。

水漏れの心配は?

浄水ポットはきちんとふたをすれば傾けてもこぼれません。


ただ、反対側に傾けてみるとポタポタと少し水漏れしました。(だばだば漏れることはありません)

万が一浄水ポットを倒してしまっても、ふたがきちんと閉まっていれば安心です。

お手入れは簡単

特別なお手入れは必要ありません。

週に2~3階ほど浄水ポットを分解して洗うだけです。

りこ
りこ

丸洗いできるので

清潔に保てます。

味は美味しい

我が家の水道水は飲むと少し臭く感じるので、水道水は一切飲めませんでした。

しかしブリタの浄水ポットで飲んでみると、無臭!味もほんのり甘みを感じます。

りこ
りこ

お水美味しい~!



1日2Lの水を飲むことを目標にしている私にとって、何も気にせずゴクゴクと水が飲めるので快適です。

【関連記事】>>水を飲むのはダイエットに効果がある?1か月間2Lの水を飲んでみた結果

ブリタの浄水ポットのコスパは良い

浄水ポットを購入したら定期的にカートリッジを交換する必要があるので、ブリタの浄水ポットのコスパについて紹介します。

カートリッジの値段

ブリタの浄水ポットには5種類あると紹介しましたが、この5種類はすべて同じカートリッジを使用します。

(出典:ブリタ公式サイト)

カートリッジは2種類あり、緑は通常のもの、オレンジはより高度なカートリッジです。


通常の緑のカートリッジの方が値段が安く、Amazonでは1個約700円で購入できます。

1Lあたり約4.7円

ブリタのカートリッジは150L使用したときに交換します。

カートリッジの値段 ÷ 150L = 1Lあたりの値段 と計算できるので、


700円 ÷ 150L = 約4.7円

ブリタは1Lあたり約4.7円です。

今まで2Lのペットボトルを68円で安いと思って購入していましたが、それは高いということが判明しました…。

りこ
りこ

浄水ポットは圧倒的な安さ!



最初に浄水ポットの本体代がかかりますが、長期的に見れば元が取れるのでペットボトルよりも圧倒的にコスパが良いです。


今までスーパーで水を箱買いして、重い段ボールを家に運び入れ、水のストックがなくなりそうになったら量を気にしながら飲んでいたあの日々は何だったのか…。


もっと早く買えば良かった」と本気で後悔しました。

他メーカーでも1Lあたりの値段を計算してみましたが、3~12円と幅がありました。ブリタは4.7円なのでコスパが良い方です。

ブリタの浄水ポットのメリットとデメリット


ブリタの浄水ポットのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

メリットは2つあります。

  • 大手という安心感
  • カートリッジの交換が簡単で、ネットで購入できる


浄水ポットは他にもさまざまなメーカーから販売されていますが、口に入れるものなので安心感も重要です。

ブリタは創立50周年を迎えた浄水器メーカーで、世界トップクラスの飲料水用フィルターを使用しています。安心感は十分ありますよ。




もう1つはカートリッジの交換のことです。

浄水ポットは定期的にカートリッジの交換が必要なので、

  • 交換が簡単
  • 購入のしやすさ

この2点は確認しておいた方が良いです。



カートリッジの交換は、袋から取り出してはめるだけ。

最初に2回ろ過する作業はやってみたらとても簡単で、そこまで手間に感じません。




浄水ポットを比較しているとき、無印など店舗で直接購入できる商品も検討したのですが、「カートリッジを店舗まで行って買うのが面倒」、「ネット購入だと送料がかかかる」という理由で却下しました。



ブリタの場合は、Amazonや楽天市場、PayPayモールなどで必要なときにすぐ購入することができます。

りこ
りこ

どのサイトも送料無料なので

気軽に購入できます!

デメリット

ブリタの浄水ポットのデメリットは横置きできないことです。

どうしても横置きの浄水ポットがほしいという方は、ほかの商品を探す必要があります。

りこ
りこ

よく考えましたが、

デメリットはこれくらいしか

見つかりませんでした。

ブリタの浄水ポットの口コミ


人気のブリタの浄水ポットなので口コミが愛用者がたくさんいました。

飲み水を浄水ポットにするだけで「水が美味しい」「生活の質が上がった」との声があったので、迷っているなら導入した方が良いですよ。

【結論】一人暮らしにおすすめのブリタ浄水器はこれ!

1人暮らしならリクエリorファン

1人暮らしの人がブリタの浄水ポットを購入する場合、おすすめなのは「リクエリ」と「ファン」です。

出典:Amazon
  • 容量はそんなに必要ない
  • 1人暮らしの冷蔵庫に入るサイズ

1人暮らしの目線だと、この2点が重要になると思います。


ブリタはろ過スピードが速いので、料理に1Lの水がほしいときでも3分30秒ほどですぐに浄水できます。

浄水ポットを冷蔵庫に入れることを考えると容量はそんなに必要ありません。



ブリタでサイズが小さい浄水ポットは「リクエリ」と「ファン」ですが、この2つはろ過容量がほぼ変わらないので、取っ手のありかなしで選ぶと良いでしょう。

取っ手あり → リクエリ

取っ手なし → ファン

私も「取っ手あり」か「取っ手なし」で迷い、結局冷蔵庫のサイズから「ファン」を選びましたが、取っ手がなくても片手で簡単にそそぐことができました。

りこ
りこ

取っ手がなくても

そそぐことはできるけど、

取っ手があった方が便利です。



個人的には「ファン」だと計量カップなしでコップ1~2杯分の水を必要な分だけ浄水できるので、「ファン」を選んで満足しています。

1人暮らしでも「飲料水や料理にたくさん水を使う」という方は、浄水ポットだと水を入れる回数が多くなって手間に感じます。

そんなときはウォーターサーバーの方が向いていますよ。


浄水型ウォーターサーバー「every frecious(エブリィフレシャス)」ならば自宅の水道水を使う浄水型なので、従来のウォーターサーバーのように水の注文・受け取り・付け替えという作業が一切不要。

定額制なので月3,300円(税込)で値段を気にすることなく水を使えます。

りこ
りこ

温水が出るのでコーヒーを

飲むときにも便利です。



今ならキャンペーン中

  1. サーバー代が初月無料(3,300円)
  2. オリジナル巾着トートバックがもらえる
  3. 乗り換えキャンペーンで解約金最大16,500円キャッシュバック


\ 5/29㈰までのお得なキャンペーン中/
メディアでも取り上げられ
今大注目のウォーターサーバー!

エブリィフレシャス公式サイト

まとめ


1人暮らしにおすすめのブリタの浄水ポット「ファンのレビューでした。

よく水を飲む人は、浄水ポットを購入したらストレスから解放されますよ。

浄水ポットのメリット
  • こまめに水を購入する手間がない
  • 重い水を運ばなくて良い
  • ペットボトルのゴミが出ない
  • ペットボトルよりも圧倒的にコスパが良い


ペットボトルの水を飲んでいたときは、水の在庫が少なくなってきたら飲む量を控えていました。(笑)

浄水ポットがある今、そんな我慢をすることなく水を飲むことができます。



また、ペットボトルのゴミが出ないのが本当に楽です!

前はラベルをはがしてプラゴミとペットボトルゴミに分けていたのですが、それが地味に面倒。しかも2Lのペットボトルは大きいので、かさばって邪魔になる…。


そんなストレスもなくなりました!

りこ
りこ

なんでもっと早く

浄水ポットを買わなかったのかと

後悔しました。

浄水ポットはさまざまなメーカーから販売されていますが、人気のブリタの浄水ポットならば安全性が高く、ランニングコストは1Lあたり約4.7円とコスパも良いです。



1人暮らしの方なら、ブリタの「リクエリ」または「ファン」がおすすめ。

冷蔵庫に入るコンパクトサイズで、ろ過容量は1.15Lと1Lなので、1人用なら十分な量ですよ。


浄水ポットで、ストレスなく美味しい水を飲んでくださいね。

ダイエット関連記事